--/--/-- (--) --時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2011/12/02 (Fri) 05時26分
今まで、かかりつけとなっていた心療内科に妻同席で受診しました。

かかり付けと言っても、今年の1月、2月に受診し、ソラナックスとパキシルを処方されただけですが。

今回、今まで家庭内でも隠してきた症状等を妻にも説明し、私の病気の根本的な治療方法と
家族としてのサポート、今不安に思っていることを相談することが目的でした。

11月5日に受診し、その後の状況を説明。11月18日から出社できなくなり、現在は有給休暇を
使用して12月いっぱいまでは休むことに。以降に関しては、それまでの病状回復の具合を見て
相談させてほしいと会社に説明し、了解を得ていること。そして何より、私自身が現場復帰を
望んでいることを話しました。

担当医からは、11月5日の時点でうつ病と診断しても構わない状態であった。
ただ、妻の普段からの接し方「うつ病ではない」という話を聞いていたことと、
自傷行為、自殺等の懸念もあったため、悲観的にならないようにうつ病という診断結果を
即伝えるのではなく、様子見していたということと、うつ病よりもパニック障害の方が直り
安いため、とにかく、もうすこし状態を見てという説明がありました。

妻から、経済的な不安がある、自分の勤めている会社でもうつ病の方が多く、事務作業
のため、総務的な話などの知識があり、申請などの話も出来れば、相談したいと話を
切り出したところ

担当医の表情が一変。頬をピクピクと痙攣させながら

『今は、患者(つまり、私)の病状回復を最優先させるのが一番ではないか』
『苦しんでいるのは、患者さん』
『自分は鬱ではないと無理やり信じ、頑張ってこられた旦那さんを、この場で障害者扱いするのか?』
『失礼を承知で言うなら、ここまで頑張ってこられた旦那さんに対して、あなたは無礼だ』

叱責と言っていほどの勢いで、妻に話をしている担当医を見ているだけで
振り返りもせずに、私の後ろにいる妻が

『この、ヤブ医者じゃ、治るものも治らない。っていうか、無理!!』

と思っていることが手に取るように分かりました。

話もそこそこに、切り上げ(担当医も、妻も)たい雰囲気が漂い、
結果、まずは投薬で治療しましょうということになりました。

眠気がひどく、勤務中に部下の手前ウトウトできない理由から断ったパキシルを
一週間分処方するので、まずは経過を見ましょうということになりました。

帰宅してからも妻の憤慨冷めやらぬ状態で、問いかけられました。

『あの医者でいいのか?』
『あの医者との相性が良く、あの病院でと思っているのなら、それでも構わない』
『ただ、家族のサポートを、これからどうやっていったらいいのか何も聞けなかった』
『また、説明もなかった。この状態で、ただ薬を飲めば治るのか?』
『家族も、うつ病の夫、父親にどのように接し、どのように協力していけばいいのかがわからない』
『私自身(妻)も、逃げ道を確保しないと、一緒に鬱になってしまったら困る』
『そういった、総合的な意味も含めて、治療、家族のサポート、今後のことなどを相談したかった』
『あなたの心配事は、仕事のことだけなのか?』
『休職することや、退職することなどの金銭面での家族の負担などは心配しないのか?』
『確かに今は、正常な判断ができない状態だということはわかる』
『妻としては、あの担当医と協力して治療に望むということはできない』


妻の言うことも、もっともなことだとは思う。
ある日突然、いままで家庭も省みることなく、仕事に没頭してきた夫が
朝から布団の中で、頭を抱え、丸まったまま、会社に電話して出社できないと
連絡してくれと頼んだわけだから。
妻として、家族として、どのように接し、対応すればいいのか不安だったと思う。

妻は妻なりに、一生懸命に私のことを考え、一番ベストな方法を選択しようとしてくれている。

妻の勤め先の方で、やはり心の病に倒れ、治療し、いまは復帰されている方がいて、
その方の通う病院を紹介していただいた。
元々、セカンドオピニオンというか、別なところでも診てもらおうという話にはなっていたので
12月1日、予約まで取っていただき、受診することにした。




関連記事
Category: 家族

ゆず >>URL

No title

やはり心療内科では無く精神科を受診することをお勧めします。
その方が合ったお医者様と出会える確率が高いですし,治りも早いと思います。
精神科は4件回らないと良いお医者様に出会えないと言われている世界です。
セカンドオピニオンを受けて,いいお医者様に当たれば良いですね。
その時に,うつつさんならきっと出来ると思うのですが,自身の病状をレポートにしておくと良いです。
私は毎回そうして,医師と対談しております。
そのお陰か,毎月行かれなくても薬だけは送ってくれるとても良いお医者様です。

これくらいしかアドバイス出来なくてすいません・・・

Edit | 2011/12/02(Fri) 12:41:27

ゆめじ >>URL

No title

経済的な面はどうしてもついて回ります。
私も同じです。
会社の保障がない分しんどいかもしれませんが・・・
まずはどういった支援を受けられるか調べられてはいかがでしょうか?
公的負担制度もあり、それは通院や薬代の支払いが1割になります。
それでも大きな差にはなってきますので申請してみてはいかがでしょうか?

Edit | 2011/12/02(Fri) 21:54:06

>>

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | 2011/12/02(Fri) 23:35:17


プロフィール

うつつ

Author:うつつ
自分は大丈夫と思っていたのに、うつ病であることがわかりました。
まだ、症状は軽く、自己分析も比較的冷静にできていますが・・・。
いつか爆発しそうです。

発症から1年2ヶ月。一時期はまともだったのですが
9月中旬に再発しました

うつつのうつつを見た人

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。