FC2ブログ
--/--/-- (--) --時--分
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2013/06/18 (Tue) 09時34分
妻は、私が「うつ病」であること、あったことを認めたくないらしい。

---------------------- 私から -----------------------------

昨日、「うつじゃない」と言われて、気分が落ちています。

医者でもない人から、診断されたくありません。

病気じゃないなら、何ですか?
なまけてるんですか?
自分にもわかりません。理解できないからこそ「うつ病」という
診断が、安心につながってます。
 「うつだったから、ぼやっとしてたんだ」
 「うつだったから、死にたかったんだ」
 「うつだったから、逃げ出したかったんだ」
 「うつだったから、何もしたくなかったんだ」
 「うつだったから、、、、、」
何でもかんでも、全部、うつが悪いということも現実逃避かも
しれませんが、そうすることで自分以外の誰かのせいでという
思いにならずに済んだと思っています。
何より、病気が悪くて、自分が悪いわけではないと思い始めた
ことが一番、気が晴れたことなんです。

いつも言われる、「うつじゃない」

あなたからしてみれば、「じゃぁ、私の苦しみは?私は何も
苦しんだり、きつい思いはしていていないとでも?」と思う
かもしれない。

その点は、非常に申し訳ないと思う。


でも、「うつだった」と思えることで、回復していったと思って
いる人に、「あなたは、うつじゃなかった」と言われると、
じゃぁ、あの頃から何も変わっていないんだ、うつ病ではない
んだから、まだ治っていないんだ。また、あの日々が続くんだ
と思ってしまいます。

睡眠過多(過眠)という症状です。もちろん、不眠症の薬や
治療の一環として眠くなるということもありますが、なんの要因
もないのにずっと寝てしまうのがうつ病による睡眠過多(過眠)
と言われています。
日本医科大学の調べによると、うつ病によって睡眠過多(過眠)と
なってしまう人は、うつ病全体の約30%に値するという報告が
あります。

http://u-drill.jp/archives/2003_06/10_114547.php

まったく関係のない人からすると、ただの怠けに見えるかもしれ
ない。
今、うたた寝したりするのは、病気ではなく、怠けかもしれません。
ぐうたらしているのかもしれません。

でも、あの頃。病気だと信じて、ただひたすら、身体を休めていた
頃のことを、「うつではない」と否定されると、「眠れるやつは
うつ病なんかじゃない」とあなたから否定されると、じゃぁ、俺の
あれは何だったんだろうか、まだ、治っていないんじゃないだろうか、
明日になったら、あと数時間したら、また苦しくなるんじゃない
だろうか、そういう思いが頭の中を駆け巡ります。

あなたは、そんなつもりで言ったんじゃないと分かってます。
分かろうとしてます。
理解しました。よし、大丈夫と思います。
でも、しばらくすると、「やっぱり、俺のことは分かってもらえない」
「うつ病を言い訳にしていると思ってる」、そのほか、考えたくも
ないようなことまで、考えてしまいます。

院長先生から、「投薬なしで頑張りましょう」と言われました。
治療法は、ゆっくり休むこと。好きなことをすること。いままで、
やりたいと思ってやれなかったことを自由にやることを。できる
だけ身体を動かすこと。自分がうつ病であることを自覚すること。
周囲に与えた迷惑は、自分が悪いんではなく、うつ病が悪いという
こと。絶対に治ると信じること。

家族は、奥さんは理解してくれていますか?
薬を使うことで、薬に頼ることで、これから先の人生、薬が手放せ
ないことになる可能性が高い。頭が思うこと、身体がしようとする
ことを薬で抑えつけるわけなので、副作用も考えられる。
逆に、薬を使わずに治すことは身体的な負担は少ないが、これとい
った治療薬や回復手段があるわけではないので、周囲からは「なま
けているんじゃないか?」と思われがち。そんな視線が多ければ、
悪化する可能性もゼロではない。
家族の協力は得られますか?どうしますか?

子供がもっと大きければ、なにもせずに自宅でのんびりしている
父親を見て、反発したりするかもしれない。
子供が小さいこと、あなたが協力してくれると言ってくれたこと
なにより、薬でぼんやりしながら生きていきたくないと思ったこと
で、投薬なしの治療方法を選びました。

あなたには、本当に支えてもらったと思っています。
あなたや子供たちがいなかったら、もっと早くに楽になりたいと
最悪の道を選択していたかもしれない。

今は、治ったと思っています。
だからこそ、病気じゃなかったと言ってほしくありません。

気にしないように、気にしないようにと思っていますが、今日は、
ちょっと躁鬱がでているように思います。左の耳鳴りも痛いです。
仕事に都合がつけば、早退します。

これからは、もっとあなたの支えになるように頑張ります。

ごめんなさい。


---------------------- 妻から -----------------------------

あたしがまだ認めたくないのかもね…認めることで当人は前に進める
でもあたしは病気っていうレッテルをあなたに貼りたくないのよね。実は
完全にあたしの失言だね、ごめん。
やっぱり根源はあたしかな
どうしたらおさまるん?
あたしが変わらなければつらいよね?




関連記事
Category: 家族

長崎 >>URL

No title

現状を冷静に理解し、ご家族と解りあえるまで話せているのであれば、今後はいい展開が望めると思います。

治る事を信じる事です!

Edit | 2013/06/19(Wed) 03:50:34

うつつ >>URL

Re: No title

長崎さん、ありがとうございます。

信じて頑張ります。


> 現状を冷静に理解し、ご家族と解りあえるまで話せているのであれば、今後はいい展開が望めると思います。
>
> 治る事を信じる事です!

Edit | 2013/06/19(Wed) 17:54:06

ゆず >>URL

No title

レッテルですかぁ。
うつ病はレッテルになっちゃうんですかぁ:
奥さんの考えてることが良く分りません:
一番側で見てきたはずなのに。

Edit | 2013/06/21(Fri) 06:15:53

うつつ >>URL

Re: No title

ゆずさん、こんにちは。

妻が、どういう意味、心境で「レッテル」という言葉を選択したか
僕にもよくわかりません。
妻なりに、強かったころの僕と比較しているのかもしれません。
とても、妻を責める気にはならず、むしろ「こんな思いをさせて」と
申し訳なく思う次第です。

うつつ



> レッテルですかぁ。
> うつ病はレッテルになっちゃうんですかぁ:
> 奥さんの考えてることが良く分りません:
> 一番側で見てきたはずなのに。

Edit | 2013/07/02(Tue) 14:09:53


プロフィール

うつつ

Author:うつつ
自分は大丈夫と思っていたのに、うつ病であることがわかりました。
まだ、症状は軽く、自己分析も比較的冷静にできていますが・・・。
いつか爆発しそうです。

発症から1年2ヶ月。一時期はまともだったのですが
9月中旬に再発しました

うつつのうつつを見た人

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。